2018スキー試乗記 ATOMIC REDSTER S9i (2回目)

ATOMIC REDSTER S9i (165/R12.7/118-68-104)

苗場ではこれまでのATOMICのイメージが残っていたので、
「軽っ!」と思いましたが、それなりの重さはあります。
軽量級と中量級の間といったところ。

滑走感はやっぱり軽快。
しっかりと捉えているのに軽快で動かしやすいく、
ターン後半のスッ!という抜けが気持ちいい。
それなりに強い板のはずだけどそうは感じない。
S9は手強さを感じさせなかったが、S9iは強さすら感じさせない。

きれいに圧雪された斜面での走りのよさと自在感はとにかく気持ちいい。
軽快な分ギャップは拾いやすいし、荒れ荒れモサモサは楽しくない。
このあたりをどう捉えるかですね。

これまでのBLUSTERトップ機種はSALOMON X-RACE相当でしたが、
REDSTER S9iはX-MAXとの比較になるんじゃないでしょうか。
S9iの方が尖っていて、X-MAXは万能選手という違いはありますが。

休憩時に気付いたのですが滑走面はオレンジ、鮮やかです。
本人には見えませんが、周りから見ると目立ちそう。

試乗コンディション 試乗者プロフィール 

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑