KEI-SKIでオリジナルデザインのスキーを作った

昨年69本もの試乗を経て決まった新しい相棒がKEI-SKI EZO85

「電車移動が多いので170cmまでで軽い」「取り回しがよく疲れない」
「コンディション対応幅が広く深雪も楽しめる」「そこそこ飛ばせる」
という求めていた条件を満たすことに加え、
オリジナルデザインで作れることが決め手になりました。

どこまでできる?追加料金は?気になることを問合せ

KEI-SKIがオリジナルデザインで作れると聞いてはいたものの
公式HPを見てもハッキリと書いてあるわけではありません。
オンラインカタログに「特別デザイン 21600円~」とあるだけ。

気になる点を問合せたところ、翌日にGMの我満さんから丁寧な返答。

  • デザインファイルはイラストレーター形式(CS4以前のバージョン)
  • 相談してKEI-SKIでデザインを作成することもできる
  • 追加料金はデザイン持込なら21600円、デザイン依頼で21600円~(複雑さ等による)
  • 左右非対称デザイン、KEI-SKIロゴや機種・スペック等を入れるのはOK
  • グロス・マットといった仕上げ指定はできない
  • 芯材を透けて見せることは可能だが、トップシートや間の素材が透明ではなく
    綺麗な見栄えにはならない。デザインで木目を入れたほうがいい
  • 色合いや位置は多少のずれが発生することがある

ロゴは著作権が絡むので入れるにしても指定されるかなと思いましたが、
デザイン的な制約はほとんどないようです。
(著作権を侵害したり、ブランドイメージを損なうものはNGでしょうけど)
注文前ですがシェイプデータもいただくことが出来ました。

 

デザインを考える

最初に降ってきたのは昨年訪れたアカカンのトイレの
きれいな赤と青に浮かび上がるシルエット。

テーマは「スキーの進化」で、進化の過程のようなシルエットで表現。

自分の趣味の「スキー」「自転車」と「好きな動物」を折り込みたい

おまけ要素として「Made in 札幌」として北海道のシルエット

石井スポーツさんのMOCU2のパクリだけど、
あれも確かKEI-SKI(というか小森製作所)製のはず。

デザインの経験や絵心は皆無の自分ですが、
考え出すと楽しくてすぐにイメージはまとまり、
本職の身内にイメージとビンディング位置を伝えて絵に起こしてもらいました。

 

注文から受取りまで

カスタムフェアでデザインを確認してもらい、
これなら問題なく再現できるとのことで注文確定。
「近くでよく見るとにじみは出るからそこは承知してねー」とのこと。

ちなみにビンディングはマーカーのスクワイヤ。
お手心価格だけど安っぽさはなく、何と言っても軽い!
ツアーや高速滑走、何人かで使い回すといったことがなければ、
このビンディング一択だと思っています。
今回は先端が短くデザインへの干渉が少ないのもポイント。

Twitterでやり取りした方からは
「我満さんから何回もNGもらったから覚悟しておいてー」と言われましたが、
その後何もなく11月にショップから到着連絡。
おや、色校くれるんじゃなかったっけ?(苦笑;

ショップで確認したところ、多少の色の沈みはあったものの
ほぼイメージどおりの出来で満足。

言われたとおりよく見ると滲みはあるけど、履いている分には気にならないレベル。

 

オリジナルデザインのスキーで滑ってみて

インプレは別記事でしますが、大体イメージどおりの滑走感。
左右非対称で鮮やかなデザインが目をひくようで
見られたり「これどこの?」「最初から左右別の色だったの?」と
リフトの同乗者やスタッフの方に聞かれました。

KEI-SKIはハンドメイドで値引きもないので高くつきましたが、
世界に1本だけ、自分だけのスキーを作れたことに大満足。
試乗した感想やスペックで選ぶのもいいですけど、
自分で作ったデザインの板で滑るという楽しみ方もアリだなと思います。

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑