2018スキー試乗記 VECTOR GLIDE AVENTURA Standard

VECTOR GLIDE AVENTURA Standard (178/R18.2/135-100-120)

ベクターグライドはメーカー試乗会に2回参加しようとしたが、
大雪で中止、怪我で回避と縁がなく初試乗。

「アベンチュラ」と思っていたけど「アベンチューラ」と伸ばすらしい。
「荒れていても無視してぶっ飛ばすと楽しい」とアドバイスされた。
太い分切り替えの反応はゆったり、センター100mm級の中でも鈍い方。
小回りは最後までリズムが合わなかった。

空いているところに出て速度を上げていくと、おぉぉこれは?!
荒れているはずなのに荒れているように感じない。
直前のINVICTUSは「いなした上で突破」する感じだったけど、
AVENTURAははいなしとかブッ飛ばしとかを感じさせない、
ナタの切れ味で切り裂いていく。

雑味のない澄み切ったような乗り味を感じた。
トップシートはシンプルな黒単色だけど質感がよく安っぽくない、
澄み切った乗り味とマッチする。傷が目立ちそうではあるけど。

反応が鈍く小回りは難儀したと書いたが、
翌日試乗したLightモデルはそうでもなかった。
強い板なので自分が撓ませられなかっただけかも。

試乗コンディション 試乗者プロフィール 

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑