「 センター80mm台 」 一覧

2020スキー試乗記 VOLKL DECON 80 (177)

VOLKL DECON 80 (177/R16.9/128-80-111) DECON79より、長くRも大きくなったのにクルクルとよく回る。 ほどよくしっかりしていて、トップからテールまで

続きを見る

2020スキー試乗記 K2 MINDBENDER 85 (170)

K2 MINDBENDER 85 (170/R13.5/130-85-113) MINDBENDER 95TIと基本的な性格は同じだけど、 全体的に柔らかく扱いやすいオールマウンテンモデル。

続きを見る

2020スキー試乗記 ATOMIC BACKLAND 85 (172)

ATOMIC BACKLAND 85 (172/R17/117-85-105.5) アサマではフリーライドモデル以上に不人気なツアーモデル、 BACKLANDの試乗は初めてだと思う。 ツ

続きを見る

2020スキー試乗記 ATOMIC VANTAGE 82 TI (174)

ATOMIC VANTAGE 82 TI (174/17.5/122.5-82-109) フリーライド系モデルもちゃんと揃えられていましたが、 ハードバーンのアサマ、前日暖かったせいか普段より

続きを見る

2020スキー試乗記 BLUEMORIS JAZZY BLUE NOTE (178)

BLUEMORIS JAZZY BLUE NOTE (178/R15.9/127-87-103) 固い斜面で感じたエッジの引っ掛かりが気になるし、 ピナクルタイプならこの長さのほうがいいはず、

続きを見る

2020スキー試乗記 BLUEMORIS JAZZY BLUE NOTE (172)

BLUEMORIS JAZZY BLUE NOTE (172/R13/127-87-103) 木目と鮮やかな青を組み合わせた、これまたきれいなデザイン。 尖った形状に大きめのロッカーでペラ

続きを見る

2020スキー試乗記 BLASTRACK ELIXIR (177)

BLASTRACK ELIXIR (177/R18/125-80.5-110) 昨年フルモデルチェンジした新生エリキサー、 これまで乗ったことのない長めのサイズに乗ってみた。 この長さだ

続きを見る

2020スキー試乗記 BLASTRACK BLAZER LIGHT (170)

BLASTRACK BLAZER LIGHT (170/R16/125-88-113) 昨年乗ったBLAZER LIGHTのサイズ違い。 太板のボリュームゾーン175overのラインナップがな

続きを見る

2019スキー試乗記 ZUMA ZERO (172)

ZUMA ZERO (172/R17/125-84-110) 写真では伝わりにくいけど、 デザインの質感がよく惹きつけられた。 ジャケ買いならぬジャケ試乗。 リフトまでエッジの掛かりに

続きを見る

2019スキー試乗記 ATOMIC VANTAGE X 80 CTI (166)

ATOMIC VANTAGE X 80 CTI (166/R14.4/124-80-108) スーパー・オールラウンド この手のオールマウンテン系の板としては、 しっかりしていてギャップに負

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑